24-BLOG

タイ古式と佛道と雑文

サイトHOME
記事一覧
管理者へ連絡
個人情報保護指針

漢字は怖い

ブログ記事を作成するうえで守っている表現ルール。一人称について。一人称は「私」と「俺」を多用しています。「俺」を主語に真面目な内容を語ることはないですし、ふざけ話を「私」で語ることもしません。「僕」は使いません。口語でも文章でもまず使いま…

自由の盲雨

いわゆるキャンセル・カルチャーと不祥事キャンセル(契約解除)は性質のまったく異なる事象だが、割と混用の多い概念。 前者は当事者甲乙と正当な権利関係のない丙及び多衆が登場人物。そしてキャンセル然らしめるため多衆の威迫(他人に対して言葉や動作で…

風の谷の汽笛

銀行もダイベストメントの対象なのですね。銀行の融資先(石炭産業)が時代精神に反するという理由で預貯金移しちゃった裕福層の意識高いお話を契機に日本の実情を改めて考える。・・もちろんダイベストメントは自由ですよ。しかし「環境とビジネス」なんて…

どっちもどっち?

論争の場においてわりと言われがちな「どっちもどっち論。」これを第三者から冷笑的に使われると当事者同士の正常対話を難しくする場合がある。論理射程は異なるものの、いわゆる「お前だって論法」に通底する誤謬感を覚える。喧嘩両成敗の発想なのか。これT…

在りて在るもの

副題:越畔之思を銘ずるローマ政治史の文脈なら皇帝を市民と議会の推戴によってなる地位と観念することも可能だと思うけど、日本の皇室神道天皇は「I am who I am.」に近い。在りて在るもの。なぜ急にこんな話を持ち出すかというと、保守を名乗る声の大きな…

言葉は難しい

結論:弊ブログは関係性の用字を問題ナシとします。う〜む。なんか驚きの知見を得た。 赤ワインと白ワイン「混ぜるの禁止」を知ったとき以来かも。 まあ国語得意じゃないし、今更過去ログをかえりみるつもりもないが、「関係性」という言葉は何やら誤用くさ…

© 24-BLOG  Repost is prohibited
Mikata(弁護士保険)契約中