24-BLOG

タイ古式と佛道と雑文

サイトHOME
記事一覧
管理者へ連絡
個人情報保護指針

前記事への付記2

一言:語に本来含まれてない意味を言葉の注射器で注入する人はややこしい 件の団体については事実を基礎とした上で各々自己責任のもと自由に批評されたらよいですが「〜の規制は難しいと言う人」の一人として。特称命題/単称命題・違法行為に及ぶ「カルト」…

前記事への付記

副題:日本の宗教が包摂する内在的欺瞞とこれに目を瞑り異端審問官“然”として振る舞う一部の伝統派たち【いわゆる○○商法について】 ○○には霊感、霊視等 まず大前提、いかなる名目であれ宗教者が宗教行為の報謝として世俗へ金品を求めること自体、私は抵抗感…

蘇る魔女狩りと異端審問官

副題:露呈する「世間の」屈折した偏見と差別意識安倍さんが凶弾に倒れ亡くなった。世間は事件の背景に強い関心をもったようだ。それはそうだろう。ただ、焦点を当てた先とその角度に、なんだか言い知れぬ危うさを感じてしまう。端的にいうと、宗教絡みの「…

安倍さんへ

御霊のご平安を 心よりお祈りいたします 2022.09.27 追記 方今祖国の魂魄へ祈る。黙祷

本質的に不健全な判決文

副題:無敵の構文さいきん流行語大賞に推したい言葉に出くわした。“本質的に不健全”がそれだ。(多分、何について書いてるのか意味不明と思いまが、ググるとわかります。)業務の性質上、言葉や論理をとても大切にしてるであろう職域の人からでた言葉である…

逆張りベラル社会

副題:愚行権は欺瞞の理論「たとえ本人がよくても…」演説中に女性触った猪瀬氏、その問題点引用元:朝日新聞聞き手・伊木緑(2022/6/17 20:39配信)応援演説時に猪瀬さんの手が私に触っていると話題になっている案件。朝日新聞の記者が取材に来られたので「…

© 24-BLOG  Repost is prohibited
Mikata(弁護士保険)契約中