24-BLOG

タイ北部の民間不妊療法「カルサイネイザン」を日本で伝える Thai Freak の記録


タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージの歴史は2500年以上前に遡り、釈尊の医師であったシヴァカ・コマラッパが創始者とされる。

タイ古式の施術はタイ国内においては代替医療の一環として、現在でも医療現場で広く用いられています。

以下、ワットポー伝統按摩手冊(p8)より引用

~引用開始~
仏歴2204年(西暦1661年)頃のアユタヤ王朝27代ナライ王の時代、フランス大使サイモーン・ドゥールヴェーの手紙には、当時は病気の治療の為にマッサージが行われていたと書き記されています。

ラマ3世時代になり、古代から伝えらてきたマッサージの各種が全て集められ、これをワットポーの壁画に記されたので、その壁画により誰でも自由に勉強できるようになりました。

仏歴2449年(西暦1906年)、ラマ5世の時代には、王室専用医師が集められ、それまでバリー語およびサンスクリット語で書かれていた文書を、分かりやすいタイ語に翻訳し、これを一冊の本にまとめ王室医学書(タムラー・ペェーサッ・ソンクロ)としました。

王室マッサージ法(タムラー・ベップ・ヌワット・チャバッブ・ルオン)もこの医学書の中に記されています。

仏歴2505年(西暦1962年)5月30日、ポン・トムヤーニム医師とそのグループにより、古式マッサージ師によるマッサージスクール「ワットポー・タイトラディショナル・メディカルスクール」という学校がワットポーの中に設立されました。ここでは現在も、古代から続いたマッサージ法を教え伝えています。
~引用終了~

王宮の隣にあるワットポー(涅槃寺)は巨大は涅槃仏が安置された王立寺院で、タイ内外にその美しさが広く知られています。また境内の壁画には、芸術、風俗習慣、古典医学など様々な学問分野が文字や絵で記されており、誰もが自由に壁画を見て勉強することが出来るようになっています。

f:id:pcm-puls:20190910082032j:plain
f:id:pcm-puls:20181029200336j:plain

母校 ワットポー
タイ トラディショナル メディカル
スクール本校

© 2018 24-BLOG