24-BLOG

〈WSサロン s24プロ〉店主の脱線日記

ブログ前書き
ブログ記事一覧
ブログ後書き
管理者へ連絡
個人情報保護指針

スポンサーリンク

政治の季節だから

※本稿は、2019-7-18_2:32:59 投稿記事「政治の季節だから」を再編集したものです。



SNSでの議論は途方もなくエネルギーを使う。向かないのだが、政治にかかるテーマについて、たまには必要かなと思い少々対話した。まぁ政治の季節(第25回参議院議員通常選挙)ということでご愛嬌。

しかし、やはりSNSはしんどい。私がいくら個人的意見に留めても、相手が主張型であった場合こちらが認めるまで終幕しない。それがSNS文化なのだろう。なので(めんどくさいから)ブログで自分の見解をモノローグに述べようと思う。適当に。

掘り下げると英国経験論や大陸合理主義、英国征服王朝と先住民ケルトからの「ノモス」と立憲主義、人権思想までどんどん広がってしまう。

三十年戦争(プロテスタントとカトリックの価値観を巡る宗教戦争)の歴史も外せない。

争点は政治用語理解の齟齬。

対象は「保守」と「リベラル」

保守とリベラルは対義の関係である。と一般に(?)考えられているところ、その解釈は通俗的で正確ではない。との異見が衝突した形。

通俗的・・「保守」をググると概してこんな感じです。

保守とは「今までの状態・考え方・習慣などを根本から変えようとはしない態度。…対義はリベラル。」

対義はリベラル…?
酷い説明だ。

まず、定義とは何かを見てみよう。定義を定義する。禅問答のようで難問だが、古典的には次の通り。

定義論
定義とは、類と種差を定める作業。類とは概念の及ぶ範囲(外延)であり、種とは性質の差異(内包)である。

例:人間定義
「人間(種)」とは
「理性的(種差)」な
「動物(類)」である

次にリベラルを定義してみよう。

リベラルとは「状態・考え方・習慣などを(一意的に他者から制約されず)個人の主体性に基づき判断する態度。」
と定義できる。

つまり保守の対義がリベラルだとすると、帰結的に保守=全体主義となってしまう。概してこの手の議論(対話)ではその傾向が強く出る。

特に二人目のかたは「保守=全体主義」とハッキリ言明されていた。ただしこのかたは全体主義をトータリタリアニズム(全体主義)ではなくホーリズム(全体論)から援用している様だったが。

両者の異同がよくわからない。

全体論を実社会へ適用すると全体主義と同様の働きをしてしまうと思うが。政治的には国家有機体論と結び付きやい。ホーリズムは本来政治思想ではなく自然現象を理解するための哲学的視点だからだ。人間を一個の生命現象として観察した場合に人はパーツの集合(=機械)ではないもっと高次の統合体なのだ。…と言うための論拠としてホーリズムを援用するならわかる。しかし、国または「社会と個人」の関係性でホーリズムを使うと、全体優位の発想になってしまわないか?

閑話休題

おそらく大抵の人は用語をググって出てきた説明をそのまま読み込むのだろうが、この説明には抜け落ちている、ある視点がある。

それは保守概念の外延である「状態・考え方・習慣」及び内包である「変えようとはしない…」が適用される「主体/客体」等の時空間的射程、つまり適用範囲の視点である。※外延とは異なる。

保守の定義を再度みてみよう。

保守とは「今までの状態・考え方・習慣などを根本から変えようとはしない態度。…対義はリベラル。」

少し加筆する。

定義範囲(強度)
今までの状態・考え方・習慣などを誰にとっての?祖先・子孫・私・他人・家庭・地域・社会・国・世界
根本から変えようとはしない誰または何に対して?祖先・子孫・私・他人・家庭・地域・社会・国・世界
(態度)

加筆前が「保守」の外延と内包。加筆後は「自由」の内包である。つまり保守概念自体に自由(制約)の範囲(強度)は含まれない。

私は伝統仏教を学ぶ人間だから、おそらく死ぬ瞬間まで釈尊の教えを「保守」してゆこうとするだろう。

しかし、だからといって仏教を国教(指導原理)にすべきだなんて全く思わない。思わないどころか、そもそも他人は関係ないし布教しようとすら思わない。

自分は自分。人は人。
これが理解できない人は、革新でも保守でも恐ろしいと思うよ。守るも変えるも諸個人の自由だけれど強制したら駄目って話。これ人間関係の基本ではなかろうか。

(実際、現代仏教や神道は革新そのもの。保守の保の字もない程に様変わりした。)

f:id:pcm-puls:20190718025714j:plain

みんな違う・・
「家庭の味」
「私の味」
「あなたの味」
「郷土の味」
「日本的な味」

⚫各々違うけど、この差異性こそが自他を区別する私の在処なのだ。海を自由に泳ぐ魚。空を自由に飛翔する鳥。大地を雄大に駆ける獅子。虫の音、川の音、雨の音。虫の匂い、川の匂い、雨の匂い。各々違うからこそ素敵なんだ。どうかそのままに守り保ちゆきますように。

全体は個人の中にある。社会(公とは別概念)とは、主体者である諸個人の関係性でありその集合なのだ。
⇒これがリベラル保守

⚫個人の利益よりも皆の利益を優先させるべきだ。理念・価値観・経済など各々の差異を無くし皆一緒に歩もう。したがって個人は全体に従うべきである。皆で築き一緒に守ってゆこう。

個人の居所は全体の中にあり、個の優先順位は全体に劣後する。諸個人の自由よりも皆の共益が優先される。
⇒これが全体主義保守

保守思想側の言葉で表現すると国家主義になりますかね。国家の存立根拠や意思決定を「共に並び立つ諸個人の意志」からではなく、「諸個人の意志を超越する権威」から主に正当化づけようとする考えかた。(前者は憲法前文で明文化されている。→ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し‥)つまり国家主義は民主主義の対義である権威主義を内包する。したがって国家主義が強まると民主主義は後退する。戦時や有事(事変、天災、疫病)に顕著に表れる。プロフェッションやアカデミアは国民を超越した権威主体に陥りやすい。

また排除される諸個人の視点では、これは急進的変革を迫られるため“一次的には”保守の対義である革新との両義性をもつ。


典型例は、戦前の日本
f:id:pcm-puls:20210117143548p:plain

明治維新という革新政策(欧化革命・国家神道体制・中央集権化・五族協和・大東亜共栄圏)以降、関東大震災、昭和金融恐慌、世界恐慌、昭和の東北大飢饉、金解禁不況などの経済的苦境や軍の動きを背景に、かつて日本は価値観のすべて一統化された戦時統制経済体制(ソ連型戦時共産主義)社会を作った・・

横軸両端の右端が自由自律、左端が制約他律。縦軸両端の一方が保守、他方が革新

たしかに保守は全体主義とも結びつきうるが、決してイコールではないし、むしろリベラリズム(個人主義・自由主義)と親和的なのだ。


保守の対義は革新だ。
リベラルではないよ。


最後に不朽の名曲
コブクロの『桜』から
人はみな 心の岸辺に
手放したくない花がある
それはたくましい花じゃなく
儚く揺れる一輪花

作詞:小渕健太郎/黒田俊介
作曲:小渕健太郎/黒田俊介