24-BLOG

〈WSサロン s24プロ〉店主の呟き

返校

記憶はまるで鏡のように
魂の真の形を映し出す
最近ドはまりしたゲームで出会った言葉。

柔らかに張つめる寂寥色の世界が玉響のように心に浮かびあがる。

ネタバレ防止で細かく書けないが、台湾の白色テロ時代、とある学校が舞台。

政治弾圧下を生きた教師と生徒。

罪の記憶に縛られ永遠に成仏できず彷徨う魂の、淡く物悲しいストーリーに共鳴する私の心。

死とは・・魂とは・・
輪廻とは・・救いとは・・

これらを道教や仏教的な解釈で描いたホラーアドベンチャー。

私も真言密教で灌頂挙げた人間なので、プレイ後しばし思考が虚脱状態に。

音楽・世界観・映像・見せ方などは私が文章表現するよりも、トレーラー見たほうがわかると思う。

youtu.be
台湾ものですが、日本語対応ですのでホラーゲーム好きな人は是非プレイしてみてほしいです。

・・もうすぐ夏ですしね。

iPhone

返校Detention

返校Detention

  • RedCandleGames
  • ゲーム
  • ¥610
apps.apple.com

Android
play.google.com


2020_6_11
追記:返校の余韻を増幅させるツイートを発見。

民俗風習としての冥婚は日本にも存在するが、台湾では赤い封筒を用いるらしい。以下Wikipediaより。

台湾では紅包と呼ばれる赤い封筒が冥婚に使われる。本来紅包は現地でご祝儀のやり取りや餞別を入れて感謝を伝える用途で使われるものであるが、この風習の場合その意味合いは異なる。女性が未婚のまま亡くなると、道端に遺族が紅包を置く。通行人がそれを拾うとそれを監視していた遺族が出てきて、死者との結婚を強要される。そのため、安易に封筒を拾うことは危険であるとされる。【冥婚】Wikipedia

なるほど興味深い話だ・・と思っていた矢先。目の前に・・!!

f:id:pcm-puls:20200611131122j:plain

一目散に踵を返しました。
自作自演ではないし、色や形は遠目にソレを連想させるが、おそらくは別物だろうけど。(いや本物であっても問題はないのだが。)

Powered by Hatena
© 2018 24-BLOG