24-BLOG

タイ古式と仏教とインテリアと雑記

サイトHOME
サイト概要
管理者情報
管理者へ連絡
個人情報保護指針

宅建業を兼業したい

f:id:pcm-puls:20210103132633p:plain

タイトル通りなのですが、不肖私、将来的に賃貸物件仲介を取扱業務に加えたく、まず手始めに、宅地建物取引士試験を去る12月に受験いたしました。もっとも、宅建業を営むために要する免許取得費用(供託金)は1,000万とべらぼうレベルであり、まだ構想段階。裏技もありますが、個人で手を出にはまあハードルの高い業種ではあります。そもそも私の生業は不動産業ではないのですが、色々と店舗設計のお手伝いをさせて貰っていますため、それならば「はじめの一歩」である物件選定作業から当事者としてサポートできたほうが良いに決まっているのではないか?…と考え、とりあえず記念受験(これは真面目な受験生には大変失礼)して参った次第です。まだ先の、かつ一構想に過ぎないので落ちても構わない体です。そして私自身が宅建士である必要が1%もないという落ち・・

試験の難易度については下記の記事が参考になりました。

弁護士、宅建を受ける
https://archive.vn/KO2JY

宅建は難しいか?
実際に受験した弁護士の感想
https://archive.vn/iNFeS
「なりました。」と過去形で書いたのには理由があります。
不肖私、当該試験を怖いレベルで舐めていました事をここに告白致します。
なぜ甘く見積ってしまったか。

・・だって、正答7割で合格する、目安拷問…もとい勉強時間はたった300時間の試験と評価されているから。

宅建試験は50問出題されますから7割正解だと35問。言い替えると「15問は“無視”」してよい試験。相対評価なので変動はあるものの、けっこう楽勝なのではなかろうか?と舐めた認識を持ってしまったのです。

そしてあろうことか、ここから更に舐めきった態度が炸裂していきます。

宅建科目は以下になります。

【権利関係】14問
民法(改正民法)
借地借家法
不動産登記法
建物区分所有法…等

【宅建業法】20問

【法令上の制限】8問
都市計画法
建築基準法
国土利用計画法
農地法
宅地造成等規制法
土地区画整理法…等

【その他】8問
所得税
印紙税
不動産取得税
固定資産税
不動産鑑定評価基準
不当景表法
住宅金融支援機構法
統計、土地、建物…等

大きくざっくり分けますと「理解と思考力が求められる民法分野」と「暗記と記憶勝負の業法及び法令制限分野」に大別できます。

そこで私はこう思いました。

相性悪い分野は切り捨てよう!
では、どう取捨選択したのか。

宅建業法は大切な分野ですから外せない。私は民法を得意不得意いう前に、暗記が苦手で大嫌い。・・そうなると、必然的に権利関係14問と大切な業法20問で固める以外なく、しかしそれで合格圏一歩手前。

いけるんじゃね?…とタカをくくってしまい、な、な、な、なんと!!

1~2週間、間をとって過去問含め10日程度やれば、いけそうな気になってしまったのです!!

しかも独学で🆗だろうと。科目に1ミリもかかりませが、憲法好きですし。


結果・・

f:id:pcm-puls:20210103131802p:plain

フォーサイトより画像引用
https://www.foresight.jp/takken/

6点足りねぇ!!
まあ民法(権利関係)満点だったからそこは満足。


・・ここから冒頭のあれへと繋がるのであった・・


これで心を入れ替えるのか。
10日で30点取れるなら、、と益々図に乗るのか、、とまれ自分のクズっぷりが可視化された昨年末でした。

あけまして
めおめでとうございます
皆様よいお年を

© 2018 24-BLOG  Repost is prohibited