24-BLOG

〈WSサロン s24プロ〉店主の熟〻日記

ブログ前書き
ブログ記事一覧
ブログ後書き
管理者へ連絡
個人情報保護指針

スポンサーリンク

国旗損壊罪について思うこと

〈 副題 〉
日の丸の本当の意味とは
保守こそ反対すべき国旗損壊罪

f:id:pcm-puls:20210204202112p:plain

政治と宗教の話はタブー…とよく言われる。

特に政治談義は己の思想信条に基礎づく話となるため自己存在の本質(実在の本質ではない)を政治的にただ他者へ向かって意思表示する儀式で終わってしまいがちだ。

どうしたって他我と衝突してしまう。

自他の差異こそが自己存在(自己実在ではない)の証明であり、民主主義とは自他の別を上下秩序ではなく水平に認める思想である以上、政治を語る営為すなわち自他の葛藤へと直結してしまう。

本来、政治とは“そこ”を前提とした調整作業のハズなのだが、いずれにせよ皆疲れるのだ。面倒臭いのだ。だから代議士にそういった荒事を信託しているのだろう。

これが間接制・代議制民主主義の意義なのだろう。なので政治問題には普段まず触れないのだが、どうしても信託のみでは看過できない政治情勢があり、私は「反対した。」という確固たる事実を未来の自分に残すべく、ここに記録しておこう、と考えた次第である。


さて、以下の動静がそれだ。

「どんな国旗も平等に尊重を」自民・高市早苗前総務相が激白!日の丸を踏みにじる行為「黙って見過ごせない」「国旗損壊罪」法案の国会提出目指す

「国旗を損壊するような行為は、黙って見過ごせない。国旗が象徴する国家の存立基盤を損なうばかりか、多くの国民が抱いている国旗への尊重の念も害する」

https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/210204/pol2102040002-s1.html

株式会社産経デジタルzakzak

https://archive.vn/wip/tftfN
日の丸国旗への侮辱目的損壊行為、これを禁ず。というものだ。
もう一度、提案の主「日の丸を踏みにじる行為を黙って見過ごせない」高市早苗氏の発言要旨を見てみよう。念のため付番した。
①どんな国旗も平等に尊重を…

②国旗が象徴する国家の存立基盤を損なう…

③多くの国民が抱いている国旗への尊重の念も害する…

私は保守なので、巷間飛び交う憲法的人権思想から反対を導くつもりはない。神道に敬意をもつ一人の保守として、保守らしい論陣を敷こうと思う。

※ちなみに私のスタンスはド保守です。かつリベラル。両者は矛盾する…などと宣う人も存在しますが私はそのように考えない。私の観念は「宗教と哲学」に纏めてありますので宜しければご参考に。
免罪符で言う訳でもないが、私は毎年靖国参拝しています。ちなみに記事本文に登場する自作の奏上歌には三種祝詞が入ってる。それくらい保守。

とはいえ、上述した要点について保守的思考を披歴する前に、一応一般的な反論、というか意見を簡単に述べておく。

①について
外国旗のみ処罰対象と規定する刑法92条を念頭とした発言ではなかろうか。しかしながら、当該条文の保護法益は国家の対外的地位である。

国家のシンボルを不当に傷付ける行為は外交上相互の良好な関係を損ないうる。負の結果も国民へ還元されてしまうのだから、事前に罰則を設け一定の規制を敷き回避措置を講じておくのは文明国として当然と言える。他方、自国国旗にはそれ(同様の保護法益)がない。つまり①については成り立たない。

②について
国旗が象徴する国家(の存立基盤を危うくする)とは何だろう。

③について
多くの国民が抱いている国旗への尊重の念も害する…

実は保守の観点から意見を述べたいのはこの②、③部分についてなのですが、本論に入る前の系論として、憲法的人権思想の観点から一つオススメ記事を紹介しておきます。

日本国憲法的「表現の自由」を根拠に反対する論者は世間に幾らでも存在する。というかほぼこの観点しかない。一方こちらは日本ではなくアメリカの例であるものの、合衆国憲法は日本国憲法と比べ理念が理解しやすく記者様の纏めもわかりやすいので参考までに。

〈アメリカ「国旗保護法」に見る、国旗を焼く行為と表現の自由の議論〉

刑法改正論の根拠として、アメリカでも自国国旗の破却は違法だという解説がされていますが、正確ではありません。

確かにアメリカでは1968年に制定された「国旗保護法(Flag Protection Act)」という法律があって、星条旗の破却は違法とされています。ですが、この法律は1989年の最高裁判決によって違憲判断がされており、またこの判決を受けて行われた法改正も、改めて1990年に違憲判決を受けています。そのために法律の効力は事実上無効化されているのです。

この1989年と90年の最高裁の判断においては票決が拮抗する中で、保守派の故アントニア・スカリア判事が違憲判断をしたことが決め手となり、5対4で法律は無効化されました。そのスカリア判事は次のような発言を残しています。

「自分は星条旗の破却には反対だ。だが、星条旗の破却という行為については、建国の偉人たちが暴政に抗するために制定した憲法によってその権利が守られているのは明白である」

「政府批判」の権利は奪われてはならない

「自分が国王であったなら、自国国旗の破却などを国民に許すことはしないであろう。だが、我々には憲法修正第1条すなわち言論と表現の自由がある。そしてこの自由はとりわけ政府批判の権利としては絶対に奪われてはならない」

https://www.newsweekjapan.jp/amp/reizei/2021/02/post-1214.php?page=1

Newsweek

https://archive.vn/wip/RUNrG


では、本論参ります。

日本の保守は本来リベラルだ!

はい。これにつきます。

現在日本に存在する(いわゆる)保守の多くは誤解しているようですが、本来日本の保守思想に西洋的絶対思考はありませんし、二値的序列観もありません。

正は誤に優位する。
陽は陰に優位する。
・・しませんね。

二値は不可分に根を同じくし、相対的である。陽の中に陰があり、陰の中に陽がある。そして陰陽互いに車輪のように循環する。

互いに相手の同一性のための前提を供給し合うことで形成される「一」の側面でしかないのであって、そこに序列など本来あるはずもない。切り離し縦に並べるのは西洋の思考だろう。

神(譬喩=寓言)の中にも悪魔(譬喩=寓言)は住み、悪魔の中にも神は住む。善悪も同様。「陰陽互根・陰陽相対・陰陽消長・陰陽転化」これを陰陽思想といいます。

陰は陽の基礎であり
陽は陰の帥である

陰は内に在り陽は之を守るなり
陽は外に在り陰は之を使うなり

逆もまた然り

ここで一つ、保守ならば知っておくべき大論争が明治の時代に為された事実を紹介しておきます。

〈明治維新に由来する皇典講究所の創立〉

この大教院の神殿には造化三神(天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神)と天照大神とを鎮祭した。7年には大教院解散に先立ち、後継機関として神道事務局が組織され、祭神は八百万神を加え引き継いだ。しかし、13年の神道事務局神殿新設の際に、祭神をめぐり、大国主神を合祀するか否かで神道界を二分する論争が起こった。いわゆる祭神論争である。

https://www.kokugakuin.ac.jp/article/49355

國學院大學メディア

https://archive.vn/wip/1GmZ4
神道事務局は事務局の神殿における祭神として造化三神(天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神)と天照大神の四柱を祀ることとしたが、その中心を担っていたのは伊勢神宮大宮司の田中頼庸ら「伊勢派」の神官であった。 これに対して千家尊福を中心とする「出雲派」は「幽顕一如」を掲げ、祭神を大国主大神を加えた五柱にすべきとした。

【国家神道】Wikipedia

引用文の中に幽顕一如が出てきましたね。つまり陰と陽に縦の序列などないって事です。本来は。

中央集権と国民教化のため天照大神を頂点とする政治体制が敷かれたものの、本来天津神と国津神に序列関係はない。むしろ大国主神などの国津神こそが日本国(葦原中国)の原住民。日本神話に「国譲り」とあるように、優位者が劣位者から強引に奪ったのではない。認めるよう強要したのではない。対等対話によって正当に委譲されたのである。信託されたのである。以来、幽顕一如の言葉が示す通り、天照大神が顕界(見える世界)の主ならば大国主神は幽界(見えない世界)の主として陰陽一如で協力して国を守ってきたのだ。

陰は陽の基礎であり
陽は陰の帥である

陰は内に在り陽は之を守るなり
陽は外に在り陰は之を使うなり

逆もまた然り
これをすべて破壊したのが明治政府であり以後の保守である。

日の丸は太陽であり国号日本と太陽神天照大神を象徴する。源氏は「白地赤丸」を用い、1859年、幕府は日章旗を「御国総標」とし、この時事実上の「国旗」となっている。

日の丸の歴史を紐解けば、法律をもって日章旗を国旗と定めるのは大変結構な事だと思う。

事実、制定済み(国旗及び国歌に関する法律:第1条 国旗は、日章旗とする。)

しかしながら、これへ平伏し頭を垂れ尊厳を守るのも、背馳して思想上戦うのも、すべて日本国民一人一人の問題だろう。(後述しますが「日の丸」のメタ的理念はもっと高次です。)思想的に抵抗したら犯罪になるなんて。

・・高市議員、それ保守らしくないよ。見えない者達(幽や陰)の声に耳を澄ませるのが日本の保守だろう。日の丸には「赤地金の丸」だってあるんだ。声なき者達の観念する日本だって存在するんだぜ。

赤地金の丸
f:id:pcm-puls:20210205191702p:plain

先に述べた以下への回答
(また冒頭、副題への回答)

②国旗が象徴する国家(の存立基盤を危うくする)とは何だろう。

③多くの国民が抱いている国旗への尊重の念も害する…

太陽はすべて焼き尽くす炎にあらず

太陽はすべて平等に照らす慈悲の光
それは日の丸を憎む者へさえも届く慈悲の抱擁だろう。そしてそれこそが「太陽の国」日本の目指すべき、復元すべき本来の姿なんじゃないの?

日の丸に込められた理念や尊厳が、むしろ国旗損壊罪によって傷付くのだよ。

国旗損壊罪などというものが、国民統合のありかたを苛烈なものへ変容させてしまわぬよう願うばかりである。


追申:というか、他人様の財産(国旗)処分権を他人が国家を利用して規制しようなんて正気とは思えないし、他者の人権・財産を侵害しない形であれば自己所有財産(国旗)をどう処分したところで罪に問われる謂れはないですよね。社会の誰からも。

人権論に全振りした場合のテンプレートも一応書いておきます。


※引用した高市議員の発言は夕刊フジの書面インタビューですが、議案の詳細は国会議員公式サイト(https://www.sanae.gr.jp/column_detail1293.html)から確認できます。https://archive.vn/wip/SYSnC


なお、私自身は日の丸に対して好きも嫌いもありませんが、相当の敬意はもっているつもりです。私はへっぽこですが、大東亜戦争を戦い抜いた帝国軍人の孫ですから。一応。


おわり