24-BLOG

タイ古式と佛道と雑文

サイトHOME
記事一覧
管理者へ連絡
個人情報保護指針

脱出不能なア・プリオリ2

無意識にとけ込む思考

男女平等を巡る議論、やや倒錯した視座が展開されてないか。いわゆる「男性特権は幻覚。」というもの。

差別を構造の問題でなく属人的な問題として扱いたいのかな。

残念ながら両建てだと思う。

構造に与しない人、構造に親和的な人、葛藤する人、それぞれいるんであって、「命題:女性差別を正当化する社会構造がまず存在する。」という設問、私がブッディストだからかもしれないけれど、それは真です。という認識以外に辿りつけない。

男尊女卑って言葉はあるあるだけど、どうせ社会に不満をもった特定の人達が作り出した造語や闘争スラングだろう。

・・と過小評価しているアンチなど流石にいないと思いたい。

f:id:pcm-puls:20220116175347j:plain


この問題における社会構造とはハードロー(実定法)とソフトロー(文化的慣習など「多数の支配観念」からなる非法的規範)による秩序構成、骨組みで機能する二重作用が産む歪のことですよね。

(これは規範のベクトルが異なる以上やむをえない。)

我が国の法体系継受史は7世紀あたりに起こった中央集権化(統一国家化)への課題克服のため輸入される唐律令から始まったように思います。

(これは日本独自のハードローが存在していなかったとも換言できる。)

やや脱線しますが、中央集権化前の、すなわち律令導入前の地域連合的ソフトローに、少なくとも天は尊く地は卑しい」などと彼我を差別的に峻別するような華夷上下観念や王土王民思想はなかったはずで、律令制施政後は天皇を頂点とする中央に収公されつつも国造による土俗的・伝統的な氏族制(共通の祖霊神を持つという連帯感や信仰のもと結ばれた血縁集団)統治については一定程度認められていたようです。

律令は儒教道徳を法家思想(性善説を排除した実定法思想に基づく法治主義。※1)によって実定化したものですから、上の華夷上下観念や王土王民思想は儒教から根拠付けられる事となります。

儒教は孔孟の教えを絶対化するため陰陽論を利用する。

(この時点で既に思想上の矛盾ですけども。)

①天は陽であり地は陰
②男は陽であり女は陰
③人皆平等・男女同権

現代人権思想③を成文化・実定法化した典範を日本国憲法と言うのだとしたら、儒教道徳①②を成文化・実定法化したものが律令と言えます。

では律令の中身を少し覗いてみましょう。

律は犯罪類型を八に分類する八虐が代表的です。これは母法唐律の十悪に相当します。わかりやすいのは「悪逆」で尊属殺等についての定めです。

「悪逆」は祖父母や父母の殺害及び妻が夫や夫の父母を殺害する罪なのですが、ポイントは「妻が」の部分。つまり妻や妻の父母に対しては殺しても悪逆とはならない。驚愕!!

父子の親(孝行)
君臣の義(忠義)
夫婦の別(役割分担)
長幼の序(年長者を敬う)

八虐の保護する君主や年長、夫側利益はなるほど儒教道徳の五倫とも合致する。

余談ですが、内容異なるものの、現代刑法でも比較的最近まで尊属殺規定(削除された刑法200条)ありましたよね。

長い歴史の営みの中で社会の深層意識にまで落とし込まれてしまった儒教的倫理観・道徳観は律令から外見的立憲主義憲法を経て近代憲法(立憲的意味の憲法)へ至った現代であってもソフトローとしてなお規範作用を維持してしまっている。

そうであるから(憲法に差別と認識される事で浮き上がった)社会構造の歪が比較的最近までハードロー中のハードローたる刑法の中にまで残存、機能していたにもかかわらず、それをそう認識できる人が少なかったのではないか。

後から「私もおかしいと思っていた、」と弁明するのは容易いけれど。

現代社会において男性特権って具体的に何を指すのかよくわからないものの、幻覚と言っちゃうのもどうか。人間関係を差別する社会構造の遺制・遺風が残存しているのは事実なわけで。

政権与党総裁が経済の理念的軌道に論語を据えるかのような発言を現にしているわけだし、幹事長も渋い思想を吐露してる。

現にこれら思想(とくに幹事長発言)と労基法は、理念上対蹠の位置関係で今も激しく緊張対峙してるわけで。

ところで日本は議会制民主主義を通したハードローと比べてアプリオリなソフトローの優位を強く感じる国。コロナのマスク警察しかり、ネットやマスコミの人民裁判・魔女狩りしかり。

(※1)法家の説いた法治主義。
西洋文脈の法治主義ではない。

追記
誤解されやすいですが、私は孔子や論語自体を悪くいってないつもりです。

親を大切にするとか爺さん婆さんは優しく扱えとかそりゃそうだよね、としか思いませんし、論語(岩波おすすめ)には人生のヒントになりうる珠玉の言葉が沢山載ってます。


ただ、孔子が踏み込む事を賢明に避けた定言命法的文法を「天の理」といって正当化しちゃう儒教や朱子学、つまりこの文脈から孔孟の教えを解釈し悪利用してきた後世の弟子達や為政を嫌ってるだけです。
© 24-BLOG  Repost is prohibited
Mikata(弁護士保険)契約中