24-BLOG

タイ古式と佛道と雑文

サイトHOME
オフィシャルグッズ
管理者へ連絡
個人情報保護指針

人の尊厳vs個人の尊厳

副題:誤謬で始まる法律

※立憲民主党の公式ページに(性行為AV禁止法検討)報道に対する党見解が発表されたようです。つきまして、公平のため当該内容を直下の引用枠内下部へ追記しています。
性行為伴うAV禁止の法制定を別途検討:立憲民主党が方針

堤氏は「テレビや映画の殺人シーンで実際に人は殺さない」とした上で、「性行為の撮影や動画の売買を認めることは個人の尊厳を傷付け性的搾取を許すことだ。党としてさらなる対策を検討し進めていきたい」と表明した。

引用元:カナロコ
出典元:神奈川新聞
2022年5月25日(水) 13:10配信

2022.05.27 引用枠追記

【コメント】立憲民主党が「性行為伴うAV禁止法制定を検討」を方針として決めたとの一部報道への党見解

立憲民主党が党方針として「性行為伴うAV禁止の法制定」の検討を決定した事実はありません。

引用元:立憲民主党公式サイト
(2022年5月26日配信)

これ、流れとしてはそうなるのかなぁ‥という印象。

思想の始点となっている売春防止法を再評価しない限りはAV新法に矛盾を覚える人との議論はそもそも成立しないのではないか?と思ってました。

なお再評価=否定じゃないですよ。売春防止法は端的に如何なる観点と対峙してるのかです。

私は法律素人ですから適当なことしか言えませんが、売春防止法と児童買春・児童ポルノ禁止法とが理念上混同されてないか説に立ってます。

前者がなぜ売春処罰規定を置かず「助長する行為等を処罰...」としているのか、また風適法との関係まで含めよく考える必要があるのだと思います。

第一条
この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものであることにかんがみ、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に照して売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによつて、売春の防止を図ることを目的とする。

第二条
この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

第三条
何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

第四条
この法律の適用にあたつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意しなければならない。

売春防止法
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=331AC0000000118
立憲民主党は価値の俎上へ性交と殺人を並べて載せてるのだろうか。そうだとして、それは自明の前提なのでしょうか。

性交を単純に和姦と強姦で分けて考えてみると、後者を許さない、への異論はさすがに聞いた事ない。では前者はなにゆえ尊厳を侵すのか(対償性や不特定性の存在が尊厳を侵すのか)についての説明も、循環論法又は無限背進以外で聞いた事ない。

「尊厳を傷付け‥」これを理由に挙げれば殺人と同じテーブルへ並置させられるとしたならば、この論理は尊厳の観念次第でそうとう危ういものになる。

そもそも人の尊厳とは、人格(その人のものの考えかたや行動の上に反映する人間としての在りかた、すなわち私は「私で在る」といえる存在根拠)の不可侵性を日差し表す言葉では。

これを侵す行為は否定されるべきだ、という理屈であるなら納得できますが、そうであるなら売春防止法第一条は「人のあるべき姿」を規定つまり法で人格抑圧してしまってる点で誤謬では。これを国がデザインするの認めたら全体主義でしょ。

少し哲学っぽくいうと、個人の尊厳と人の尊厳を分離してるんだろうけど、憲法は人の尊厳と個人の尊厳との異同をどう定義しているのだろうか。

憲法13条に「国民は個人として尊重される」とあるが、日本国憲法改正草案新旧対照表を見ると「個人として尊重される」から「人として」に改められている。政治が両者を異なる概念として扱っている左証でもある。

これは自民案だけれど全政党に共通する思考形式だと思う。

個人的な疑問
①そもそも売春は尊厳を侵すのか
(また性道徳とは何処の国の性道徳か)
②対償と不特定の解釈
③売春を助長する行為等の解釈
④国民の権利との関係
⑤風適法との関係

私は法律素人なので憲法含めて深堀りしませんが、異なる文化環境に根差す、ある二つの価値軸を再掲して終わります。

***

以下、過去記事から転載
https://www.s24pro.jp/entry/2022/05/17/203951

天の石屋戸に槽伏せて蹈み轟こし
神懸りして
胸乳をかき出で裳緒を陰に押し垂れき
これは今も信仰を集める天津神アメノウズメの話。

古事記には、アメノウズメが八百万の神々を前に、又おそれ多くも(天の岩戸越しの)皇祖天照大神を前に、妖艶なストリップを舞ったとされる記述がある。

他方、次は新約聖書「マタイによる福音書」5章28節の言葉。

しかし、わたしはあなたがたに言う。
だれでも情欲をいだいて女を見る者は心の中ですでに姦淫をしたのである。
次は新約聖書「コリントの信徒への手紙一」6章15節の言葉。
あなたがたは自分のからだがキリストの肢体であることを、知らないのか。それだのに、キリストの肢体を取って遊女の肢体としてよいのか。断じていけない。
次は新約聖書「コリントの信徒への手紙一」6章19節の言葉。
あなたがたは知らないのか。自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。
ところで神道は罪をどう描いてきたのか、これは大祓詞から確認できる。ただし明治政府(内務省訓令中)に内容を削られてしまった現在の改変大祓詞でなく、明治政府に添削される前の『延喜式 六月晦大祓』大祓詞。
安国と平けく知食さむ国中に成出でむ天の益人等が 過あやまち犯しけむ種種の罪事は 天つ罪 国つ罪 許許太久の罪出でむ

引用元:Wikisource
大祓詞(内務省訓令中)
出典:『官報』大正3年3月27日
国立国会図書館デジタルコレクション

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2952595/5
天つ罪、国つ罪とは具体的に何なのか。ごっそり削除されてしまっている。削除された罪は以下の通り。
【天つ罪】
畔放、溝埋、樋放、頻蒔
串刺、生剥、逆剥、屎戸

【国つ罪】
生膚断、死膚断
白人、胡久美
己が母犯罪、己が子犯罪
母と子と犯罪、子と母と犯罪
畜犯罪、昆虫の災
高津神の災、高津鳥の災
畜仆し蟲物為罪

参照元:Wikisource
六月晦大祓祝詞
出典:『延喜式』卷八「祝詞」
国立国会図書館デジタルコレクション

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991103/143
内容詳細をWikipedia(天つ罪・国つ罪)で確認する限り、当たり前というか上通下通婚や近親姦を戒めてはいるけれど、キリスト教聖書のような峻厳さは感じられない。

***

正邪善悪や貴賤の観念を職業に向ける政党は本当きついな。

2022.07.17 追記
(Twitterから引用)


‥やはり日本と異なる宗教文化が隠れてましたね。他者を法規制する根拠を宗教から持ち出したらダメでしょう。

© 24-BLOG  Repost is prohibited
弁護士保険Mikata加入中