24-BLOG

雑文集

見境を失った思想の実害

私はフェミニズムについて評価保留であったためブログで否定的に触れる際は意識的に呼称明示を避け極力陰伏させてきたが、最近いろいろと思うところあり評価が確定しつつある。

前回記事(異性介助問題ふたたび【同意の観念と心裡留保】異性介助絶対禁止を法制化すべき)では名指しで取り扱った。

フェミニズムには大人を幼児化(事理弁識能力を麻痺)させる作用あるんじゃね?と思う。

勿論そんなデータないよ。

わたしも、胸触られて男児をビンタしたことあるよ。男児は左耳が聞こえなくなったよ。それでも、男児の親御さんからの謝罪とお詫びを受け取ったよ。なんで子供だと被害者が我慢しなきゃならないと思ってるの?

https://archive.is/Je09M
弁護士が間に入って、男児と男児親からの謝罪とお詫びを受け取ったって意味ね。私は一切謝罪してません。

https://archive.is/Cyfe8

これもなぁ‥元投稿を辿ると6歳児とあるから、ここでいう男児が幼子を指してるのだとしたら、こうした積極的認容はただの暴力じゃん。投稿主は(男児との関係で)御自身を被害者設定されてるが、一般に幼子は事理弁識や責任能力を観念し難いし、そうだから保護者が存在するわけで、我慢せず(子供じゃなく)保護者に監督責任を問えばよいんじゃ‥

また結果の不法性(高度難聴?)を斥ける要素も状況(幼子<大人)からは見いだし難い。

この人ボクシング門下という話だし、格闘技経験のある大人が幼子相手に有形力を行使したらどういう結果が招来するかわかる丶丶丶よな。

そうであれば、難を逃れるための(必要最小限)実力行使とは言えないのもわかる丶丶丶よな。

しかも(多分)利き腕という‥

民法709条故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
わかってるなら故意だし
(つまりは報復じゃ‥)
わかれたのなら過失だし

万一わからない丶丶丶丶丶のだとしたら、わからない大人側も事理弁識能力を欠く疑いあるんで成年後見人等(要は大人用の保護者)をつけたほうが社会にとっても御身にとっても安全なのでは。

大人の事理弁識力があれば丶丶丶予見可能なのに手加減せず、後遺症残るほど強い衝撃で幼子を鼓膜裂傷させて悪びれず、剰え『>男児は左耳が聞こえなくなったよ。なんで子供だと被害者が我慢しなきゃならないと思ってるの?』などと嘯けるのはそれがないから。

なんかフェミニズムって権利能力は成人(男<女)扱いしてほしい、でも責任能力は幼子扱いしてほしい、そう要求してないか。

要は子供より子供なんで、やはりフェミニズムには大人を幼児化させる作用があるんじゃないか。


もしや相手が(幼子でも)男性だから年齢差別しない、ということだろうか。私も年齢差別を嫌う人間だけど、万事限度があろう。

子供は社会で守るもの。

ちなみに私がもっとも注目した箇所は『>弁護士が間に入って男児と男児親からの謝罪とお詫びを受け取ったって意味ね。』のくだりである。格闘技経験のない女性で(防衛反応から)反射的に手が出てしまった、、とかなら事情が事情だからまだわかるけど、弁護士の先生ご苦労されたんだろうな‥謝罪とは別にお詫びまで引き出したのか‥慰謝料ってこと?

ところで男性が【女性にビンタされて普通に反撃しちゃう男性映像】を「これぞ真の男女平等、被害者が我慢する必要はない!」と嘶くいなな社会現象もヤバいけど、女性が【明らか非対等の幼子に向かって普通に反撃しちゃう格闘女子描写】を「被害者が我慢する必要はない!」と言えちゃう社会もヤバい。まぁこういった警鐘も鹿の角を蜂が刺すようなものか。


投稿:2024/06/05/083152

© 24-BLOG Repost is prohibited
I'm in a contract with Mikata 弁護士保険