24-BLOG

雑文集

改正刑法(不同意要件)に微弱な異性介助は危険。異性介助全面禁止待ったなし!

一言:同性介助徹底が利用者受け入れ制限を招いても実施すべき。一人夜勤施設なら必ず男女二名体制、利用者男女比も調整する。保険料と利用者負担を増額すれば対応できると思う。もうグレーゾーンを排除して白黒つけるとき。★男性は、異性介助を実施する施設…

これぞ無駄アプリ

身も蓋もない世相だ‥記事タイトルネット論争を招いた性的同意サービス「キロク」サービス開始から半年の現在地と浸透度引用元:デイリー新潮2024年06月12日 このアプリ意味あるのか。 だって性交渉の始期を【キロク】使用時使用前に打点されたら役に立たない…

見境を失った思想の実害

私はフェミニズムについて評価保留であったためブログで否定的に触れる際は意識的に呼称明示を避け極力陰伏させてきたが、最近いろいろと思うところあり評価が確定しつつある。前回記事(異性介助問題ふたたび【同意の観念と心裡留保】異性介助絶対禁止を法制…

異性介助問題ふたたび【同意の観念と心裡留保】異性介助絶対禁止を法制化すべき

去年炎上したNHK報道 本文:異性介助問題ふたたび 追記:フェミニズムは脅威 副題:奴隷労働に近接する現代介護の苛烈な就労環境一言:異性介助問題、男性ヘルパー側は表示意思の奥にある心裡留保(望まぬ介助=被害意識)の存在を女性から常に排除できないこと…

個別性に優位する属性第一社会と度肝を抜く東大副学長の弁

気になる投稿をみたので備忘。 https://x.com/Taroupho/status/1789484851357446484 より引用投稿を辿ると次のろくでなし氏に行き着く。 https://x.com/6d745/status/1789437268865982974 より引用一番目のX投稿、「斯々然々‥差別は正当化されうる。」のくだ…

【上川騒動】思想から逃げる政治家が一番信用できない政治家

副題:色とりどり色んなコミュニティがあってよい。一言:(異る価値観に拠って立つ)部分社会を許容する地方分権化が望まれる。国民は憲法第十五条を通じ【すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。】と国政の前提を説明しており、第九…

世代間対立で浮き上がる人間性【ミーイズム】をめぐる相剋

副題:肉親介護問題にみる前提と帰結の錯誤《この狂ったミーイズム社会で誰が為に福祉はあるのか》一言:介護問題の本質は世代間対立でなくミーイズム家庭の家族間対立でしょ。それ(肉親介護)をあたかも社会共通(高齢者介護)問題のように他者へ責任転嫁すれ…

介護職の値段のリアル

一言:日本全国の介護職よ地方を捨て首都圏へ来たれ情報収集で登録してる介護人材系サイトから届くスカウトメール。 2024.5.14時点世間的に(一般的な賃金感覚からすると)この金額が高いか安いかの判断つかないけれど、いいたいのそこじゃなく、着目点は業界…

介護は誰でもできる簡単作業のはずだから仕事との両立は難題じゃありません

副題:家庭介護への回帰と国家に作られた(存在すべきでない)被差別職記事タイトル認知症高齢者、迫る「7人に1人」介護と仕事の両立難題引用元:日経新聞2024年5月8日 17:02う〜ん‥左右そろって介護を(再生産労働だからと)無価値なシャドーワーク扱いしてきた…

大学(公的学位授与機関)が憲法(社会の根本規範)を踏みつける反憲法時代の到来

一言:学位は様々な恩典(公共性)を持つから憲法に抵触するんじゃ‥? 追記:社会に殺される男性達 追記:頂き女子の件 ちょいまえ話題にあがった東京医科大学受験の女性一律減点措置騒動は衝撃だった。そうした行いにも理由はあるのだろう。しかしである。日…

© 24-BLOG Repost is prohibited
I'm in a contract with Mikata 弁護士保険