24-BLOG

タイ古式と仏教とインテリアと雑記

サイトHOME
サイト概要
管理者情報
管理者へ連絡
個人情報保護指針

祝いたい素朴な気持ちだけ

f:id:pcm-puls:20210901112506p:plain

↑↑↑スマホChromeの記事トップ(9月1日付)に出てきたので少しだけ感想。

関係者によりますと、眞子さまと小室さんは、小室さんがアメリカ・ニューヨーク州の法律事務所への就職の見通しが立ったことから、年内にも婚姻届を提出して結婚される方向で調整が進められているということです。

眞子さま 小室圭さんと年内にも結婚の方向で調整

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210901/k10013236181000.html

事実であれば、「よかったなぁ‥」の一言しかありません。

他人の醜聞探しやイデオロギーでコリ固まった週刊誌や女性誌、論壇誌やオールドメディアなどを除けば、思想的にフラットな市井レベルの感想なら言祝ぐ言葉以外思いつかない。

皇室を取り巻く言論状況を価値中立の視点で眺めていると気付く幾つかの景色がある。

いわゆる保守主義者の観念する皇室観と皇室への振る舞いは著しく礼を欠いており、ぞんざいである。

皇室典範にかかる問題へ保守が容喙するなどもってのほかだ。

神武王朝統領たる天皇を「日の本伝統の象徴」とあくまで考えるなら、皇室と保守主義者の立場は水平になりようがない。

だって臣民の立場を弁えるのが保守の道理だろう。

他方、政治的権威としてではなく、「かみのみこともち」たる斎王の王として天皇を崇敬するのなら、古来(呼び名は都度異なれど)神聖不可侵な典範によって規律されてきた婚儀の可否や適否について、陛下を差し置きあれこれ口出しできるハズもない。

一方、リベラルからのクチバシはただただ異様にうつる。

人権主義者の立場であれば、念頭にある最高規範は保守的ノモスでもなく古き良き法でも国制でもなく、ただ人権でなければならない。

そうであるならなぜ天皇を憲法内部に拘束し、全皇室財産を没収し、自由と諸権利を奪い、「天皇家という他家」の結婚問題へ口を出し、あげく女系だ男系だと「他人の家」の世継ぎ問題や「家のありかた」をデザインし設計しようなどと考えられるのか。発想がこわすぎる。

この最大級の差別と人権侵害を「国民のため」「外交に有益」とかいって使役を正当化する。

彼等にとって、人権とは理由がありさえすれば剥奪して許される程度のものなのだろうか。

人対人の関係を水平に観念しつつ皇室のみ例外におき政治利用できてしまう都合のよい人権主義者も、対皇室を勾配関係で観念しつつ皇室の御家事情へ世論と称して介入する御為ごかし現代保守も、根っこは同じなのだろうが、それはそれとして。

f:id:pcm-puls:20210901112353p:plain
最後にもう一度。
他人の政治利用から離れ、慕う相手と結婚できるようで本当に本当によかったと思う。

© 2018 24-BLOG  Repost is prohibited