24-BLOG

雑文集

サイトHOME
記事一覧
管理者へ連絡
個人情報保護指針

AはAなりBはBなり

過去記事「いきすぎた何でも相対主義」からの続き的なメモ書き。

以下のデータ(3番119番)を見て同一の元素だと考える人はマズいないと思う。

他カテゴリと性質区分する上で共に同一カテゴリ(アルカリ金属)である、または別の概念と区別する上で共に元素である、とは言いえるが、決して同じ元素ではない。当たり前ですよね。


たとえばリチウムもウンウンエンニウムも結晶構造は体心立方格子だし最外殻(L1,R1)の電子数は同じだけれど、同じ元素ではない。アルカリ金属典型元素として化学的反応は似た振る舞いをするかもしれないが、化学的性質、熱力学的性質、原子的性質、電磁的特性は両者異なる。決して同じ元素ではない。


同じでないものは同じでない。

AはAでありBはBである。
AはBでないしBはAでない。

思想が絡んだ途端、主観と客観がごちゃ混ぜになってないか?

文系界隈。

脳内にインストールされている認識アプリをアップデートすれば、「AかつB」が現実社会に浮上するのだろうか。

するわけない。

客観的事実を主観で変更する事などできないから、頭の観念上に「AかつB」という思い込みが現れるだけだろうが、主客一致の世界像に生きていれば、それがリアルを侵蝕してしまう。

そう。客観を変えられないなら間主観を構築すればよいのだ。

というのは褒めすぎで、客観の有無を主観の数で判断する傾向があるのでは。
多衆を思い込ます事が可能なら、その射程において物理世界の事実を無効化できる。

しかしその活動はカルトと呼ばれ、啓蒙ではなく布教と評価される事になるんじゃないか。

極端なイデオロギーはコレだから内容問わず好きになれない。

仏教も物我一致という考えかたを持ち、一如や一智を大切にする思想体系ではあるのだが、大前提に世俗諦を置いている。

また仏教は小乗(個人)を本来の教えとしますから、一般的宗教やイデオローグと異なり「社会や他人様(大乗)」へ無闇に干渉する事のない、あくまで個人の修道でしかない。

世俗諦とは、一般社会における真理(もののコトワリ)とルールを先ず認めなさい、という事である。当たり前だが、そうでないとカルトになる。

‥しかし改めて周期表を眺めていたら、なんで水素が第一族元素に鎮座しているのだろう?と考えこんでしまった。

© 24-BLOG  Repost is prohibited
Mikata(弁護士保険)契約中