24-BLOG

タイ古式と仏教とインテリアと雑記

サイトHOME
サイト概要
管理者情報
管理者へ連絡
個人情報保護指針

議論の作法

1と=1について

〈副題〉数字は嘘をつかないけれど、数字は操作される。0.999...=1は数的擬制。 ある論破王のユーチューブ動画をみた。0.999...=1らしい。 動画内のアンケートでは、「等しい/小さい」が半々くらいだった。正直私はよくわからない。差し込む観点による、とし…

数字は嘘をつかないけれど、人は?

〈副題〉 全称命題 若者“は”(自民党を)支持している 選挙についてアレコレ書くのはもうやめよう、そう思ったのだけれど、オールドメディア一部の印象操作がエグい。よくみる「若者は自民党を支持」アピールにつきまとう虚飾。量の事実をただ事実の比較とし…

庇うつもりはないけど

〈副題〉 相変わらず宗教然とした社会2021.07.28枠内追記:辞職の意志を示されたようだ。なんとも後味の悪い結末。今般の件、ある思想の評価とは独立に作動していなければならない大切な原理が妨げられたように思う。「ある思想」には如何なる思想を代入して…

領域展開

〈 副題 〉 領域展開する人から逃げるべし 議論には相互不可侵領域が厳然と存在する・・そんな当たり前の作法を改めて思い起こさせるツイートを発見した。"議論は建設的であるべき、お互いに譲歩すべき"とか言う人は頭がおかしいというのが伝わってないよう…

価値の順列という謎ワード

〈 副題 〉 社会と没価値性 (半順序集合を思想する) 「価値の順列」という謎ワードを見た。漫画家の小林先生かな。おっしゃっていたの。あまりに謎ワードなので、少しだけ書いておきます。価値観の話なので、一応過去記事「社会正義の詐誕」を載せておきま…

批判と非難を弁別できない社会

〈 副題 〉 批判とは相手の規範や価値観を否定する事じゃない 過去記事「主張の構造」の続編になりす。これはずっと気になっていたテーマ。市井の誰も彼もが気軽に言論参加できる現代ネット社会の端緒を探すと「2ちゃんねる」に辿り着く。当時は便所の落書き…

主張の構造

※論理構造ではなく「主張」の内部構造です。人の主張は複数のレイヤーが重なって構成される。たとえば以下の主張。山田(仮名):人は必ず寿命で死ぬよね。私も人間だから永遠には生きられない。死ぬのは怖い…死にたくない。長生きできる社会である“べき”だ…

錯覚する全称命題

〈 副題 〉 論理とは大人の作ったファンタジー あるあるの疑問。上記のような見解 「関西人はタコ焼きが好きだ」という言明は、たこ焼き嫌いの関西人がただの一人もいないことを意味しませんよ(笑) は成り立つか。「AはBである」という場合における「A」の…

AならばB

Twitter上で気になる内容が…AならばBであるという話をしているときにBなんだけどAじゃないじゃないか!といってくるやつは馬鹿だから速攻ブロックでいいのだろうか。— Isseki Nagae/永江一石@「虎の穴」 (@Isseki3) 2020年9月17日 時間の許す限り必要十分条…

対話の人と議論の人

この日本で米津玄師さんの Lemon という曲を知らぬ人はおそらくいないだろう。私は大好きです。この曲を聞いていると、なんだかフェルメールを見ている感覚になる。フェルメールは「カゲ」の描写が巧みな画家。一般的に括弧内には光が入るのだろうけども。光…

© 2018 24-BLOG  Repost is prohibited