24-BLOG

雑文集

サイトHOME
記事一覧
管理者へ連絡
個人情報保護指針

イデオロギーと原子命題

一言:論証不能なテーゼを前提する理論で他人の活動を規制してはいけない



論理式¬A⇒¬B
「買春者がいなければ」
「売春することもない」

ベルりん氏の考える対偶
A⇒Bこれは裏
「買春者がいるならば」
「売春することもある」

喜多野士竜氏の考える対偶
¬B⇒¬Aこれは逆
「売春者がいなければ」
「買春することもない」

B⇒Aこれが対偶
「売春者がいるならば」
「買春することもある」

対偶とは複合命題前件Aと結論Bの向きを否定で入れ替えることです。(命題が真のとき対偶は必ず真をとり、命題が偽のとき対偶は必ず偽をとる対応関係。)

【わかりやすい対偶の定番例】

A⇒B(真のとき)
人間あるならば」
動物ある

¬B⇒¬A(対偶は真)
動物ないならば」
人間ない

A⇒B(偽のとき)
3の倍数あるならば」
9の倍数ある」         
   
¬B⇒¬A(対偶は偽)
9の倍数ないならば」
3の倍数ない

話を戻すと、件のツイートは買売春の発生動因を買い手側一方へ帰着させるものだがこれは真か偽か。正直命題文として微妙な気もする。供給は需要の作用とも言えるし、供給が需要を作るとも言える。藤田氏は論理式で得られた結論をストレートに「事実」と表現してますが、論理はあくまで推論手法であって、事実の有無を導出する手法ではない気がします‥

しかしこの一連の騒動から目下派生中の女性支援問題(衛生医療品配布問題とか)、ついにハームリダクション概念を持ち出す批判者まであらわれたか、という印象。ハームリダクション概念を同問題に適用する思想の基体も衛生医療品配布を売春推奨/助長文脈に繋げる非難言説の基体も、結局の所そこにあるのは‥

所謂sex workerは不道徳な営みであるかのような前提、したがって正さなければならない、あるいは可哀想、救われるべき「社会構造の被害者」であるという前提、対象者がteenagerならばともかく、なんか私の福祉観(排他性なき個の受容、審判的態度の排除、自己決定の尊重‥)と正反対なんですよね。

幸福の形や主体性の差異を認めない福祉観、あるべき人間像をコンストレイントする‥これいつから現代福祉の主流になったんだ。

規制を通して他人の実存を書き換える行為をパターナリズムで正当化するムーブ。左右の違いは規整したい内容物の差でしかないが、それのある場所は同じだ。他人の心の中にある王国。左右/活動化/非活動家/専門家/非専門家問わず共通の根っこ。

所謂AV新法の件もそうだけど、日本人の幸福の形や性道徳における主体性のありかたは政府の審議会で偉い学者先生が規整します学問(論証放棄の社会通念とか)で唯一解を示せますプラス市民感覚です的なアレか。

くだらねぇ‥心底くだらねぇ‥

2023.01.22 引用部を追記

「AV出演女性は全員被害者」は誤った認識 立ち上がった女優たち「親からも理解」「働き方のひとつ」

引用元:ENCOUNT
2023.01.14
福祉は個の実存を援護する技術また憲法に根拠を持つ日本国民の権利であって、福祉概念は社会福祉士や学者先生や宗教家の考える根拠不明瞭な空論世界へ彼女らを強制転移(教導・管理)する為の道具じゃないよ。



精神疾患って‥
(根拠不明瞭な点はさておき)

2023.01.21 追記
専門家の人から指摘を受けていました。
https://archive.is/H7MpJ

なお以下の文章は事実の有無に依存しません。理論適用の恣意を言ってるだけですんで。SNSの誹謗中傷で亡くなる命もあるし、飲酒に起因する犯罪で‥

これ供給側の観点だと(元TWで福祉と繋げる旨の発言あるのだけれど)たとえば介護で(物理的にも)傷付き苦しみ鬱病に至り離職する職員だっているし、本心は「職にあぶれて」仕方なく働いてます系の者達だって存在するんだが、こういった個々の体験談に見られる苦患や本心は〜系話を個別論としてでなく凡そ社会構造が生み出す人権侵害、自己決定の及ばぬ社会的強制、害悪、救済対象として扱えちゃうならあらゆる職業で発生するそれを同一視点で検証せんと。

需要側の観点だと、では飲酒はどうか。SNSやネット利用はどうか。気の毒話を探し始めたら枚挙に暇がないけれど。

飲酒には害悪性がある】
飲酒処罰法を制定すれば
飲酒絡みの××は減少し
供給も自然に縮小する
飲酒は絶対的に必要か?

SNSには害悪性がある】
SNS使用処罰法を制定すれば
SNS絡みの××は減少し
供給も自然に縮小する
SNSは絶対的に必要か?

【公営賭博不健全の極みである】
関連特別法をすべて廃止すれば
(違法性阻却事由を奪えば)
賭博絡みの××は減少する
賭博は絶対的に必要か?
【慢性アルコール中毒患者の犯罪防止に関して:殺人を犯した2精神鑑定例の検討】

“精神障害者の犯罪は一般人に比し低率であるものの,殺人や放火などの重大犯罪の比率はかなり高いことが以前から指摘されている。”

引用元:北海道大学医療技術短期大学部紀要
hdl.handle.net/2115/37560

***引用終了***

アルコール精神疾患について以上の指摘があります。当たり前ですが、飲酒しない者が(飲酒に起因する)アルコール中毒となる可能性はゼロに対して飲酒者がアルコール中毒となる蓋然性はゼロでない。思うに、そもそも「お酒」が世に存在しなければ中毒症状も存在できないですし、起因犯罪も存在せんのでは。害悪性すごい‥
しかし、である。

彼らは一体なぜ【これら】を性産業にのみ限局、固執して抽出してしまうのか。そしてあたかも性産業特有の事象であるかのようにイシュー化するのか。

なぜ視点を一生懸命ズラして(抽出ポイントを変えて異同を主張)弁護し始めるのか。性(産業)嫌悪イデオロギーとどう違うのか。

縮小する議論をしたらいい‥

こんな放言、他人様の嗜好や職業に向かってよう言わん。たとえばですけど、私は「お酒」の害悪性を認めた上で、禁酒法を制定せよとは思わんし、社会は飲酒者を警戒すべしとも思わんし、飲酒者ならば犯罪予備軍とも思わん。何より私自身、酒好きですしね。

2023.01.22 引用部を追記

《歌舞伎女子の貧困》事故物件に住んでホスト通いする風俗嬢(25)の告白「週6日の鬼出勤と出稼ぎソープで働き詰め。月100万円がホストに消える」

引用元:文春オンライン

*** 引用終了 ***

※この認識の基体をイデオロギーというのです。違法性のない手段(風俗)で違法性のない自己実現(ホスト通い)をしてる。収入の按分は自己実現のために本人が適正だと思う金額を本人が自己決定してるだけでしょ。これを貧困や被害と扱い産業や社会構造へ他責するのだとしたら(←仮言です)筋違い。

マイホームローンで分不相応の借財を負い生活苦となったら責任は不動産屋にあるのか。マイホームの価値とホストの価値は違う?

それです。それがイデオロギーです。


①原子命題(価値判断)
性は悪である。真か偽か

①を真と措定して立論してるのだろうけれども、はたして措定なのか不当仮定つまり虚偽なのか、いずれにせよ論証不能の前提には違いない。

© 24-BLOG  Repost is prohibited
Mikata(弁護士保険)契約中