24-BLOG

タイ古式と佛道と雑文

サイトHOME
記事一覧
管理者へ連絡
個人情報保護指針

幻想の擂音

深夜に凄いニュースを発見してしまいました。

ロシア政府、新たな規制法案で暗号資産を「通貨」認定か=報道

引用元サイト
仮想通貨ニュースサイトCoinPost
2022/02/09 20:40
速攻(表現古い…)政府答弁を調べてしまった。
答弁書第二八号
内閣参質一八六第二八号
参院議員大久保勉君提出ビットコインに関する質問に対する答弁書

一及び二について
ビットコインについては、特定の発行体が存在せず、各国政府や中央銀行による信用の裏付けもない等の特徴を有するとされているものと理解しているが、政府として、その全体像を把握しているものではなく、現在、関係省庁において連携を図りつつ、情報収集に取り組んでいるところである。

お尋ねの世界全体におけるビットコインの現在の発行残高及び経済価値について、確たることを申し上げることは困難であり、また、諸外国において、ビットコインを法的に定義している国又は近い将来に法的な定義を行うことを表明している国が存在しているか否かについても、具体的には承知していない。

三について

(上略)

民法(明治二十九年法律第八十九号)第四百二条第一項及び第二項における「通貨」とは、強制通用の効力(以下「強制通用力」という。)を有する貨幣及び日本銀行券であって、これを用いた金銭債務の弁済が当然に有効となるものをいうと解されており、強制通用力が法律上担保されていないビットコインは、当該「通貨」には該当しない。

また、外国為替及び外国貿易法(昭和二十四年法律第二百二十八号)第六条第一項における「通貨」とは、強制通用力のある銀行券、政府紙幣又は硬貨と解されており、ビットコインは、これらのいずれにも該当しないため、日本円を単位とする通貨と規定する「本邦通貨」、本邦通貨以外の通貨と規定する「外国通貨」のいずれにも該当しない。
※引用文中の強調は筆者による

f:id:pcm-puls:20220210011400j:plain

上答弁で明らかなように、外国通貨とは、ある外国が自国における強制通用力を認めている通貨をいうのだから、強制通用力を仮想通貨に認める国が存在しない以上ビットコインは外国通貨たりえない。そりゃそうだ。

ところがロシアではこれを通貨の一形態として定義する法案を整備してるんだと。

通貨の一形態??? 

通貨の一形態という概念自体よくわからないですが、仮想通貨で資産保有している人にとっては面倒な方向へ動きそう。

なんか言いしれぬ悪寒くる・・

© 24-BLOG  Repost is prohibited
Mikata(弁護士保険)契約中