24-BLOG

〈WSサロン s24プロ〉店主の日記

リラクゼーションを語る

今日は「リラクゼーション」とは何かについて、簡単に述べてみようと思います。

リラクゼーションとは、解剖生理学に照らすと「副交感神経」を活性化させる働きかけです。睡眠時や入浴時、また揺ったりとした安心感のもてる静的空間において、人はリラックス(癒し)状態に入ります。逆にスポーツや人との会話、お喋りなど動的空間では「交感神経」が活性化するためリラックスとは反対の作用を生んでしまいます。

本来「楽しい(レクリエーション)」と「リラックス」は似て非なるものですが混同されやすいです、、、

リラクゼーション施設で働くスタッフは、お客様の疲れた筋肉を弛緩される際にこの「副交感神経」の働きを最大限利用します。なぜなら、筋緊張は「交感神経」の作用。弛緩は「副交感神経」の作用だからです。換言すれば、施術を含め副交感神経優位の空間を提供する事が、リラクゼーションサロンの役割となります。

いわゆる「凝り」とは

一般に、凝りは筋緊張による血流循環の滞り(うっ血)で「栄養素・酸素・水・二酸化炭素・老廃物」が供給排出不全になることで引き起こされると考えられています。

血流が滞ると老廃物が排出されず酸素供給が阻害されます。筋運動に必要なエネルギーである筋グリコーゲンは疲労物質である乳酸を発生させますが、この乳酸は酸素供給によって水・二酸化炭素に分解され排出されるので、結果、凝りによって疲労が蓄積していく事となります。

凝り(筋緊張)の原因

現代社会では姿勢不良とストレスがトップ2に挙げられるのではないでしょうか。脳はストレスを感じると第11脳神経が興奮(活動)します。この副神経は胸鎖乳突筋と僧帽筋を支配する肩の運動神経ですのでストレス状態が長く続くと筋緊張も持続することになります。血液循環は筋肉の収縮・弛緩による筋ポンプが正常に働かないと、静脈(心臓に戻す)の流れが阻害されてしまいます。

姿勢不良も同様で、PCなどの長時間作業は腕を屈曲させたままになり、筋ポンプの欠片もありません。特に上腕三頭筋は肩甲骨と繋がっていますのでご注意くださいますよう。

以上、あくまで一般論として理解される範囲で書きましたが、日本における国家資格者は、状態の把握、理解、認識、処置等を「気血」などの中医学理論を援用して行います。こう書いてみると、いわゆる国家資格ではないものの、伝統理論よりも現代解剖理論を重視するリラクゼーションサロンの施術のほうが、私個人としては安心して身を委ねられます。

f:id:pcm-puls:20200903140047j:plain

最近、久しぶりにリラクゼーションサロン【りらくる】
へ施術を受けに行って来ました。とても良かったです。なんといっても圧倒的店舗数。これは住まいの近くにどこでもあって便利…という意味ではありません。店舗数が多いという事はスタッフ数の多さを意味し、それは底辺の分厚さ、内部競争による練度の維持やユーザー選好によって必然的に淘汰選別される施術者の強さを意味します。そしてこれらを土台で受け持つ社内技術研修システムの整備された体制。・・などなど、つらつらと書いてしまいましたが、このグループは個人的にオススメできるプロ集団ですよ。

指名ランキングも公表しているのですが、これは見ているだけでも楽しい。評価者(ユーザー)の分母が大きいので信頼感ありますしね。

Powered by Hatena
© 2018 24-BLOG