24-BLOG

雑文集

サイトHOME
記事一覧
管理者へ連絡
個人情報保護指針

安らぎの君へ

副題:人は皆、心の中に自分の国をもっている。

靖国を詠むシリーズ

第一投
いま、会いにゆきます

第二投
慰霊に思う

第三投
祖父と靖国

安らぎの君へ

靖国の爺さん達へ、今年は祖国の歌を聴かせたくなった。そんな一年だったなと。まいど孫の自作する詩を三摩地念誦されても飽きるだろうから。

そういえば、拝殿前の祝詞で耳が洗われてよかった。九段下を下車してからのルート中、保守活動家っぽいのがいて腹が重くなったけど、気が楽になった。

さて仕切り直しの柏手。

文部省唱歌『故郷』

兎追いしかの山
小鮒釣りしかの川
夢は今もめぐりて
忘れがたき故郷

如何にいます 父母
恙なしや 友がき
雨に風につけても
思いいずる故郷

こころざしをはたして
いつの日にか帰らん
山はあおき故郷
水は清き故郷

作詞:高野辰之
作曲:岡野貞一
『旧唐書』倭国伝

倭國者古倭奴國也
倭国は古の倭奴国のことである。

其國居無城郭以木為柵以草為屋
其の国の住居には城郭がなく柵を木で作り屋を草で作る。

其王姓阿毎氏
其の王、姓は(アマ・アメ)氏である。

地多女少男
土地には女が多く男は少ない。
『旧唐書』日本国伝

日本國者倭國之別種也
日本国は倭国の別種である。
私は学者でないから『旧唐書』の真偽に関心がない。ただ‥

それぞれに
それぞれの故郷クニがある。

それぞれに
それぞれの見た景色がある。

それぞれを結ぶ場所、それぞれへ隔てなく日の差す場所

日高見ノ国
(押し付けの社会像でない)
もう一つの日本よ

安らぎの君へ
くにやすらかなれ

© 24-BLOG  Repost is prohibited
Mikata(弁護士保険)契約中